仕事で給与決定

社員から仕事を集め、
     その仕事で給与決定
○仕事を特定する
職場ごとに、社員をグループに編成(10名単位)、互いの仕事を集め、それを分類して、「自分たちの仕事はこれこれだ」と仕事を特定することができる。

○哲学者 西田幾多郎は、
デカルトの「私が思う故に私がある」は間違い。
「私が行為する故に私がある」が正しいと、デカルトを批判している。
そして「人間の行為は、社会的には仕事をすることである」、
そこに『行為の意義がある』(西田幾多郎「行為的自己の立場」)と述 べている。
   
○仕事を収集・分類し、職務に変換する。

A.仕事を収集
1.社員10名位(同じ職場の)を会議室に集め、壁に模造紙を貼り、リーダーによる統率のもと、
⒉社員一人(自分の仕事)10個を提出させ、書記がこれを模造紙に書き出す、
⒊リーダーと共に、仕事一つひとつを職務として、内容・表現を明確化していく。

B. 仕事を分類、職務に変換する。人は誰でも自分の仕事について
①言葉に表し、文章に記述することができる
みんなで、その仕事を集め、
互いにそれらを    
②分析、分割し、意味の特定をしていく、それによって、
仕事としての難易度や重要度を評価し、分類することができる。
仕事の中から、自分がいつもやっている仕事を集め、
仕事
・縦欄のテクニカル・ノウハウと
・横欄のマネジメント・ノウハウの
どこに相当するか、その位置を決め、そうして、
⑥その仕事が何等級の何号に相当するか、その職務レベルが特定できる、
⑥これで職務の大きさを秤り、その人の給与を決める。
人の社会は自然界や生物界とちがって、人の仕事(人の行為)によって
創られている

では、なぜ「仕事による給与決定」なのか?
会社は、社員に『自分で自分の仕事を記述・自分の給与を決定」させる。一見、社員には苛酷に見える。が、しかし、この決定は、不思議にも、あの”草原に放たれた火”のように、一瞬にして全社に広がっていく。