ワークフロー:課業(仕事)提出~個人等級格付け

 仕事で経営を変える 

簡易「 仕事で給与決定」Workflow:メンバvsコンサルタント・モデル
メンバ             ・コンサル課業提出   ・メンバー
職能要件書作成→職務分類表作成 → 個人等級格付け

1.ワークフロー    画面拡大 → 画面をクリック

2.メンバ課業提出: スプレッドシートForm書き込み、送信
画面拡大 → 画面をクリック

3.職能要件書作成:FORMによる受信(下表)を基にして、コンサルタント中心にメンバーが分析を行い一つ一つの「仕事「にまとめていく。
画面拡大 → 画面をクリック

4.職務分類表作成:コンサル中心にメンバーで一つ一つの仕事ごとを評価していく          画面拡大 → 画面をクリック

・ノウハウチャートを使って仕事を評価し、それをランク付けする。

・AT~LTなどのように、それぞれの仕事がランクが付けられる


5.個人等級格付け申請:

・格付けチャートを使って仕事一個一個のポイントを読み取る。
        画面拡大 → 画面をクリック

・上表から今年の仕事10個(うち3個まで新規OK)選択、ポイントを読み取る。

・格付けチャートを使って自身の等級計算をし、申請を行い、個人の職務等級を決定する。       画面拡大 → 画面をクリック

原体験 給与決定

 

原体験・・・仕事で給与決定の始まり

賃上げ交渉(対組合)から筆者の社長業がスタート。
交渉といっても、組合側は上部団体の指示・決定をまち、
議論をはじめても互いにかみあわなかった。
従業員は途方に暮れるしかなかった。
 
筆者は、弥富賢之著「合理的賃金の決め方」・・・当時(株)本田技研工業に導入で知られていた・・・を読んではいた。
・しかし、実践を通して徹底した学習を必要としていた。
・賃金について組合や会社幹部もまた、筆者同様何も知らないに等かった。
・そんな時、偶然、街の商工会議所の講習会で「給与は仕事で決める」の話を聞く機会が出来た。
・この問題を根本的に解決するには、「仕事で給与決定する」・・・。
・これしかない!! と瞬間ひらめいた。
・これが、その後、経営者として取り組む「仕事で給与決定・経営を変える」の、すべての始まりだった。
 
さっそく
社員一人ひとりから彼らがやっている仕事一つひとつ聞き出していった。
・職務遂行能力や執務態度にまとめ、文章一つひとつを
経営者、管理職、組合執行部の二日がかりの全体会議で読み上げていく
・間違いがないか、みんなで検証する
・この仕事を使って、一人ひとりの給与が決まってくるからだ!!
・もはや燎原に放たれた火のごとく、この企てが広がっていくのを、誰にもとめることはできなくなっていた。
給与決定の問題は、これで決着、社員や組合との関係は一変してしまった。
 
提言1
仕事の作成方法の革新!!

 

・「仕事とは、こういうものだ」と決め付けられない。
・「太郎さんも、次郎さんも、花子さんもみんなそれぞれやっている仕事とはこうだ」
・このほうが、より身近で、なじみが深く、何よりもわかりやすい。
・こうして、何よりも個人個人の自覚を引き出し、
・そこに個人の意志を入れることができる。
・自覚・意志はともに創造のもとからだ。
・役割責任やコンピテンシーは、その人の仕事でなくて、世間一般の事例を使って作成しているに過ぎない。
・果たしてそれで、個人の自覚や意志が引き出せるだろうか?

西田幾多郎は、デカルトの「我思う、ゆえに我あり」
ではなく「我行為するゆえにわれあり」(西田)と言っている。すなわち、「思う」はすでに「行為」だからだ・・・と。
提言2
この流れを、ワークフローを使って描いたら、「仕事で給与決定」はどうなるか?
社員一人ひとりから・・・仕事一つひとつ聞き出す1.社員一人一人がM1課業を提出、社内でまとめ役(コンサルタント)を選任、
⒉.彼らを中心に仕事を分析、評価してC1 職能要件書やC2 職務分類表に纏めさせる。
⒊ 社員は、出来上がった職務分類表から自分の仕事10個を選び、
⒋.自分の等級を計算し、M2個人等級格付け計算申請書を上司に送信する・・・これで「仕事で給与作成」のプロセスは終了。
画像拡大:画像クリック‼︎
⒌.最後に社員、管理職、組合執行部も参加する二日がかりの全体会議で読み上げ・・・個人と全体による検証が必要だ。
 
以上

なぜ「仕事で給与決定」なのか?

それは社員が自から給与決定に参画できるだからだ‼︎

給与は何によって決めるのか?
自分たちの「仕事で決める」のだ。
社員達は、自分の仕事10個を書き出し、それぞれの仕事の大きさ(価値)を評価し、等級を決め、これで、自からの給与が決まる。社員にとって、これほど厳しい選択は、ほかにはない・・・。

仕事で給与定」のプロセス

社員から自身の仕事を提出させ、

①仕事を明確にする:社員が職場ごとに集まり、自分の仕事を互いに発表、

②壁に貼った模造紙に書き出して、参加者全員でデイスカスし、個人で一人10個の仕事を文書にして、まとめていく。

③個々の仕事を (A) 技術 (B) 管理の2面から評価し。

④自分の仕事10個を、これを総合評価して、仕事による等級格付けをする。

極めてわかりやすく、シンプルである。

社員が自身の仕事を選択し、それで給与が決まる。それは彼らにも簡単な選択ではない。

しかし、社員は、人として置かれた環境、自分の課せられた課題を自覚しいる。そして、

自からその課題解決に喜んで参加する・・・・。

                                      以上

1,990年崩溃的泡沫经济 “工资由岗位决定的”

1,990年崩溃的泡沫经济

“工资由岗位决定的”

泡沫经济的崩溃1,990年“工资由岗位决定的”

①总统面临着管理的急剧恶化,一杆杀手的相应措施,

②现场员工是在客户的变化很敏感,及时对应。 。 。 。 。

③网站是因为它已经是倡导改革“的工作确定工资”!

汽车经销商为例

改革①“在确定工资工作”…“失去的20年”避免战斗

– 90年泡沫经济崩溃的开始,打的经销商管理提出了新的汽车销售中心吧。

– 世界是,车不买,它已经改变了对于那些谁骑维修。

·公司,汽车销售直线下降,收入的支柱丢失。早在有一天,它必须要移动的收入支柱修复。

– 每个人都是这样的事返回手掌,我没想到,现在可以了。

– 因为它是卖中心向此,维修,Gagi是,熟悉我们因消费者的客户不仅在中心。

•为了弥补在新车利润的减少在开发利润,以谁已经变得疏远这个客户,

– 这不仅让来修复要求。

– 有必要做一些事情。 ……为了让你来发展我们的许多客户。

– 管理决定。在办公室工作的主任从一般转向,改为由总统亲自监督。

与销售总监给所有的授权为客户服务的领域,不仅卖,

•对于修理是要能够对自己的决定做任何事情,如果它成为我们的客户。

– 所以,很快,我站起来的一个业务总监。

– 在这里,占用客户编号4500,这家公司20%的县规模NO2的主要办公室。

– 他立刻,现场和咨询的房子,建立了自己的客户的措施,如下面,被转移到运行。

……其实,他们越,我没有什么等待着这家公司的决定。

导演谈到对于所有工作人员如下。

B.宣称,未来的办公室有你的Taikyaku般服务的所有责任,

B.办公室通过与客户关系的改进增加客户的收据的数量。

哈。 ①传达给你的客户一样,在办公室被改造成第一个系统的客户服务。

 

②今后,车辆检查,检查的预约系统的收据,

③整车销售代表直接,仓储使得从每一个客户预约。

(→销售经理的职责)

 

二。工厂优先他们的客户服务,

– 运营的收据预约系统,停止加班,消化1.5倍为止的维修号码。

– 而且,为了保证快修不像以往每人客户()你单靠。

(→责任的工厂长)

E.导演打开仓储会议(厂长组织,工厂长,前,从销售曼加)

销售组是根据接收到的仓储来预订营造“每周预约管理表”,

– 努力实现在办公室这个目标一起。由此,

– 所有的收据号码消化时间,实现无加班费。

要。此外分包目的地的要求,我在预约收货合作。

②因此,从下面的开发利润月份,同比增长15%,达

令人吃惊的结果的导演都在涨,即使它再持续18个月。到其他办公这是流传……不用说了。

这家公司,将是生存的秋天“失去的20年”的危机就开始与泡沫经济中的员工谁别出心裁的崩溃。

即使是新车在雷曼兄弟倒闭前几年30%的跌幅,已成为直到利润放了出来。

客户,员工,管理,电源一体的公司,还是会从任何地方进来

而地球是打开电源到太阳产生的,没有那么只能说……这都转向在电力创建工作和社会的我们生活在其中。